アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

恋愛ラボ 7話

「恋愛ラボ」の第7話から。

莉子の弟を堪能できる回。

粗筋

新聞同好会が出て来て恋愛研究をどうするかを考えた結果、相手の出方が分からないため差し当たり続けることにした生徒会の面々。実際の男子で試してみれば早い、ということで莉子の弟に会うため、倉橋家へ行くことに。まずやって来たのは真木。莉子の様な女子が来ると思っていた弟の蓮太郎だったが、迎えてみると何とどストライク。どぎまぎしてしまう。続いてやって来た榎本たちを迎えるが、真木とは全く違うタイプばかりでぐったりする蓮太郎。それでも何とか場をこなすものの、真木からは恋愛対象として見られず肩を落とす。

後日、莉子が成績不振から塾に行くと、凪野に遭遇。先日の一件のことからバカップルの様相を呈する2人であった。

所感

莉子と凪野にフラグが立った。互いに意識している様子なのだ。本作の中で最も普通の恋愛に近い位置にいて、何ともにやにやできる。

そんな莉子も蓮太郎が相手の時は仲の良い姉弟振りでこちらもほっとできる。特に、洗面所でお嬢様らしく振舞う莉子を見て、蓮太郎は莉子に脅迫をかけるものの、真木のことを好いていることを莉子に知られて形勢逆転となる場面は微笑ましい。

蓮太郎は莉子宜しく思ったことはそのまま口に出すが、その言い振りが

すんません、ついノリで。でも、似合ってるからいいんじゃないっすか。変なら変って言うし。(眉毛について言及されて怒る榎本に対して)

だったり、棚橋が言い返すのをちゃんと待ってあげたりと、実に好感が持てる。なのに、恋愛観がねじれまくった真木を好きとは、何とも世知辛い。蓮太郎には強く生きてほしい。

その真木は玄関に上がる際の所作からお嬢様振りが伺える。常にこのままなら良い結婚ができそうなものだが、莉子から指示された、男子をドキッとさせる「上目遣いで少し舌を出した状態」で軽くボディタッチをしようとする様子はまるで妖怪。どうしてこうなった。

今回のハイライト

南の攻め方について、莉子から質問された水嶋の発言

正攻法のカテゴリにギリギリねじ込める策を、変化球で送ってきそう

一番厄介そうだ。

広告を非表示にする