アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

キルラキル 6話

「キルラキル」の第6話から。

猿投山が男を見せる回。

粗筋

猿投山が流子に決闘を申し込む。指定された場所に赴く流子。戦いが始まると猿投山は極制服を使い変身し、鮮血を身にまとった流子に襲い掛かる。相手の動きを読む技「天眼通」で一時的に流子を追い込むも、鮮血の切れ端を目穴に張り付ける流子の反撃に遭い、戦維喪失。

後日、流子のもとにまたしても猿投山から果たし状が。またしても戦闘となり、流子は前回と同じ作戦で猿投山の視覚を封じる。しかし、それにもかかわらず猿投山は流子に的確に攻撃を仕掛けてくる。なんと猿投山は自分のまぶたを縫い付け光を失わせる代わりに他の感覚を用いて流子の動きを察知し、攻めてきていたのだ。その攻撃になすすべもない流子は窮地に立たされる。しかし、ここに来て猿投山の極制服がオーバーヒート。流子は命からがら逃げだす。

所感

流子に敗北を喫したことで自分の目をふさぐとは、猿投山は男である。そしてそんな状況があったことでより強くなった。決心と強さの合わせ技では流子も苦戦しそうだ。流子がいかにパワーアップするか、見ものである。

広告を非表示にする