アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

境界の彼方 7話

「境界の彼方」の第7話から。

またしても不穏な動きが始まった回。

粗筋

桜が未来たちの学校に転入してきた。桜のスタンスは変わらず、未来の命を狙う。ある夜、妖夢と戦い倒れている桜を秋人が発見。保護する。聞くと、桜は異界士ではないものの、知らない男から未来を殺すことを条件に妖夢石を食わせることで成長する武器を授かっているとのこと。そこに未来が訪れ、桜は逃亡してしまう。そこから時を経て、決着をつけようと対峙する未来と桜。一進一退の戦闘を繰り広げるが異界士の未来の方が技量は上手。そして、桜は異界士でなくて良い、という未来の言葉に桜の戦いは幕を閉じた。

所感

桜が抱えていた、未来と唯への思いは、一応の終結を見たようだ。しかし、泉が「凪」と呼んでいた現象がまた何やら危なそうな気配を漂わせている。謎の男、弥勒がうつろな影を狙う発言をしていたのも気になる。まだまだ水面下では動いているものがあるようだ。

広告を非表示にする