読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

2013年度(2014年)冬クールの印象的なアニメソング

2013年度(2014年)冬クールも1か月経った。この冬からかかり始めたアニメソングから個人的に印象が強かったものをラインナップ。

午夜の待ち合わせ / Hello Sleepwalkers(「ノラガミ」OP)

サビで繰り返されるノイジーな高声がインパクト大。

Set Them Free / 神保彰(「となりの関くん」ED)

プロのドラマーが鉛筆で缶ペンなどを叩いているジャジーな曲。良い雰囲気に素朴な音がマッチしている。

風が知ってる / 赤い公園(「とある飛空士への恋歌」ED)

曲の最後に出てくる、エレキギターの高音に驚く。

まっしろわーるど / みかくにんぐッ!(「未確認で進行形」ED)

主要キャラクタの一人、真白をモチーフにした歌詞と A メロのまくし立てるようなメロディーが印象的。

オトノナルホウヘ→ / Goose house(「銀の匙 Silver Spoon」第2期 ED)

賑々しいアレンジと処々に挟まれる合いの手、励ましてくれるような歌詞がマッチして元気になれる一曲。

Be mine! / 坂本真綾(「世界征服~謀略のズヴィズダー~」OP)

冒頭と最後に出てくるインストパートが同じオンコードで記憶に残る。また、ストリングスのアレンジがきれい。

JUSTITIA / Lia(「ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル」OP)

B メロでリズムがシャッフルになるのが面白い。