アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

妖怪ウォッチ 5話

「妖怪ウォッチ」の第5話から。

ケータの嫉妬が妖怪を発見させた回。

粗筋

  • 人面犬はカメラマンを目指すが無断で撮影スタジオに立ち入ったためしょっ引かれた。
  • バレンタインデーが近づき、ケータの教室もそわそわし始める。そんな中、女の子に呼び出されるクマとカンチ。これはおかしい、とケータが妖怪ウォッチで照らすと、そこには妖怪まぼ老師の姿があった。まぼ老師は憑りついた人間に幻を見せる妖怪。ケータは何とかまぼ老師を捕まえようとするが、最後までまぼ老師の繰り出す幻影に惑わされ続けるのであった。
  • ケータの家にジバニャンが住みつき始めた。いたずらばかりするジバニャンに手を焼くケータ。しばらく経ったある日、ジバニャンの仕業とは知らないケータの両親が家に祓い師を招いた。ウィスパーとジバニャンが成仏しかけるがケータが何とか阻止。2体とも無事に居残ることができたのだった。

所感

B パートではクマとカンチがチョコレートをもらっているのを見たケータが卒倒し、それを救うべくウィスパーが医師の姿になるシーンがある。いきなりウィスパーが人間と同じ頭身になるという突然の展開に面食らったが、まじまじと見てみると相当おかしく、何とも言えない笑いが込み上げてきた。

また、まぼ老師にケータが攻撃するときに使ったのが「ファイアケータトルネード」という、「イナズマイレブン」シリーズに出てくる「ファイアトルネード」のような技。放映時間帯も原作も同じながら、パロディーの仕方が大変に直球である。更に技を出すシーンのカット割りまで元ネタに似せてあり、笑いと共に感嘆の声が漏れた。

広告を非表示にする