アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Wake Up, Girls! 6話

「Wake Up, Girls!」の第6話から。

藍里が消えるかも知れない回。

粗筋

音楽プロデューサー、早坂相(はやさかたすく)が丹下社長に接触し、Wake Up, Girls! のレッスンを無償で引き受けること、そして Wake Up, Girls! に関する全権を自分に委任することを提案してきた。丹下はこの提案を飲み Wake Up, Girls! に特訓の日々が訪れた。練習に加えて、定期的なライブ公演も命じられ、疲労の色を濃くしてゆく Wake Up, Girls! のメンバーたち。そんなある日、早坂の口から藍里をメンバーから外すと発表される。そして藍里以外の6人には、藍里をどうするか決めるように指示が下ったのだった。

所感

Wake Uo, Girls! にまさかの大チャンスが到来した、かに思えたが、それは同時に藍里がいなくなる危機も呼び込んでしまった。藍里以外の6人はどのような決断をするのか。最後の場面の、ふさぎ込んでしまった様子の藍里が強く印象に残った。

広告を非表示にする