アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Wake Up, Girls! 12話

「Wake Up, Girls!」の第12話から。

最終回。

粗筋

佳乃が足を痛めてしまったことは間もなくメンバーや松田、社長に知られるところになる。面々が頭を悩ませていると I-1 クラブの岩崎志保がトレーナーを連れて登場し、佳乃の足にテーピングを施させる。佳乃が多少のダンスをできるようになったのを見て、メンバーは振り付けを再構成し、本番に臨む。惜しくも優勝は逃したものの、メジャーデビューの話も舞い込み、グリーンリーブスエンターテインメントの人々は驚くのであった。

所感

佳乃が悔しそうにしている様子はその気持ちが察せられるようで胸が痛んだ。それでも本番で Wake Up, Girls! のメンバーが全てを出し切った様子なのが見ていて気持ち良かった。更にその熱気が伝わったのか、観客も大変に沸き、特に当初からのファンたちは涙を流して喜んでいた。応援も本気だったところに思わずにやりとさせられた。

最後は大手レコード会社からメジャーデビューの話が舞い込み幕引き。今後が気になる終わり方だった。

総感

弱小アイドルグループが様々な試練を乗り越えながら成長してゆくシンデレラストーリー。多く存在するアイドルを扱った作品と異なり、アイドルの大変さ、泥臭さが前面に出されているのが特徴。見ていてきつい場面も多いが、最後に一定の開花を見たときには報われる思いがする。また、良い意味で目立つキャラクタがいないのも面白いところ。見た目も中身も、言ってしまえば普通の少女ばかりだ。だからこそ苦労する様子もそれが結実する様子も現実味を帯びており、説得力がある。楽曲や衣装も実にアイドルアイドルしており、見ていて楽しい。アイドル好きに視聴をお勧めしたい作品。

広告を非表示にする