アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

神々の悪戯 1話

「神々の悪戯」の第1話から。

初回。

粗筋

神社の娘、草薙結衣はある日、自宅の敷地内にある蔵で刀を見つける。すると、辺りには電流が走り、次の瞬間見知らぬ場所にいることに気付く。自分を呼ぶ声が聞こえ、それに従って進んでゆくと一人の男性に出会う。彼は自分をギリシャ神話のゼウスだと言う。ゼウスが語るところでは、希薄になってきている人と神との世を憂え、素行に問題のある神たちに人間のことを叩き込むべく結衣を呼んだのだ、と。そんなことはできない、と結衣はその場から逃げ出す。その先で結衣はギリシャ神話のアポロンに出会うのだった。

所感

神の擬人化を扱った作品の初回。乙女ゲームらしく主人公は女性一人、それ以外は男性が多数なのだが、その登場シーンの演出が面白かった。神のキャラクタが登場する度に背景に花が咲くのだ。男性の美形振りを引き立たせるための演出なのだろうが、新キャラクタが出てくる度に行われたため何とも言えないおかしさを感じた。

広告を非表示にする