アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

プリパラ 13話

「プリパラ」の第13話から。

チーム名発表とダジャレの回。

粗筋

らぁら、みれぃ、そふぃの3人に、アイドルグランプリで優勝した記念の単独ライブ開催が告げられる。そして3人はクマからチーム名を考えるように指示を受ける。途中、みれぃがそふぃとの性格不一致に悩むものの、そふぃの芸歴の長さに反省し、和解。そして考案されたチーム名は、3人の頭文字を取って「SoLaMi SMILE」(ソラミスマイル)。ライブも大成功し、「SoLaMi SMILE」は最初の一歩を踏み出したのだった。

所感

チーム名も決まり、みれぃが抱えていた悩みも解決され、すっきりと見られた。自分で何でもやってみる精神が芽生えて自分で髪をセットしたため、終始そふぃが「ファンシーモード」のしゃべりだったのがちょっと面白かった。また、前回そふぃを救ったメイキングドラマ「解放乙女ヴァルキュリア」では、今回そふぃがらぁらとみれぃを助け出す演出が行われた。アイドルランクで上位にいるそふぃが2人を導くことの暗喩とも捉えられ、興味深い。

今回の最後には新キャラクタ、東堂シオンが現れる。囲碁の中学生チャンピオンとので、言葉の端々に「以後」を多用する。「囲碁」に引っ掛けてあるのだろうが、まさかのダジャレに笑いが止まらなかった。

広告を非表示にする