アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

SHIROBAKO 12話

「SHIROBAKO」の第12話から。

視聴者も心置きなく年を越せそうな回。

粗筋

尾上の紹介を元に、「えくそだすっ!」第13話の作画ヘルプのため、著名な菅野の家をあおいは訪ねる。そこであおいは、自社の杉江が凄腕の原画だということを知り、翌日打ち合わせの際に杉江に任せる旨提案。すんなり話はまとまり、杉江もそれを承諾する。話し合いの結果、杉江がラフを描き、他の面子でクリンナップを行う体制が決定。武蔵野アニメーションを挙げての総力戦が始まる。ぎりぎりのスケジュールの中、あおいの元に無事完成したとの一報が入り、武蔵野アニメーションは歓喜に包まれるのだった。

所感

今まで鳴りを潜めていた杉江の力が遺憾なく発揮され、一区切りついた。むさに宜しく、視聴しているこちらもほっと胸を撫で下ろした。

今回は ED に変化があった。いつもはロロがミムジーにラブレターを渡すものの、ミムジーにそっぽ向かれて倒れるのだが、今回はミムジーが笑顔で受け取ってくれたのだ。勿論ロロも満面の笑み。心憎い演出ににこりとさせられた。

広告を非表示にする