アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

SHIROBAKO 13話

「SHIROBAKO」の第13話から。

あおいが昇格する回。

粗筋

武蔵野アニメーションは「えくそだすっ!」に続き、人気作「第三飛行少女隊」を担当することになり、あおいはデスクを任される。あおいはしなければならない事柄の多さに目を回しながらも、全体のスケジュールを管理したり、主要スタッフの依頼をしたり、と早速デスクの仕事をこなすのだった。

所感

「SHIROBAKO」の2クール目初回。あおいはデスクとなった。1クール目では自分の展望に不安を感じていたあおい。最後には何をつかむだろうか。楽しみだ。

また、あおいの資料作成を手伝うみどりにも木下と舞茸が興味を示した。OP ではみどりと舞茸が会話しているシーンがあるところから、みどりにも何かチャンスが巡ってきそうでわくわくする。

2クール目に合わせて OP と ED が変更された。OP は奥井雅美が歌う「宝箱-TREASURE BOX-」。1クール目の OP と同じカヨコ作曲、千葉"naotyu-"直樹編曲のオケに奥井雅美の詞と力強い声が合わさり、前向きで格好良く仕上がっている。ED は本作の主要キャラクタ5人によるユニット、どーなつ◎くいんてっとが歌う「プラチナジェット」。詞曲とアレンジは1クール目の ED と同様桃井はること渡辺剛が担当している。ED では特に映像が面白い。原画の状態のあおいが色指定、彩色、特殊効果の工程を経て劇中のあおいになってゆくのだ。アニメーションができてゆく様を見ているようで心躍る。ED の冒頭ではアニメーション同好会の5人が揃っていた様子なので最終的には5人揃うのだろう。楽しみだ。更に、よく見ると一連の工程前に出てくるカット袋には「SHIROBAKO ED2 ver.1」という文字と、ED 原画の川面恒介と担当制作の福澤祐也の苗字が見える。動画欄の矢野もきっと同様に動画の人の名前だろうか。もしかしたら実際のカット袋をスキャンして使っているのかも知れない。面白い演出だ。

なお、作中に登場する武蔵野アニメーションの電話番号に電話をかけると聴けるメッセージは、あおいの新年の挨拶になっている。ファンならこちらも必聴だ。

広告を非表示にする