アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

暗殺教室 1話

暗殺教室」の第1話から。

初回。

粗筋

潮田渚の所属する3年E組の担任は触手の生えた黄色い生物。それは過日、月の大半を吹き飛ばし、今度は地球を狙っているが、なぜかこの組の担任をするのだと言う。そして、防衛省からその生物に効果のある武器を与えられ、「世界にこのことを知られないようにこれを殺してほしい」と告げられる渚たち。こうして彼らとその「殺せんせー」と名付けられた生物の「暗殺教室」が開始されたのだった。

所感

謎の殺せんせーとそれを殺さなくてはならなくなった中学生たちの物語の初回。とにかく設定がはちゃめちゃなのが面白い。それでいながらキャラクタの描かれ方がどこか陰を帯びているのが気になるところ。生徒サイドの話にも期待したい。

OP は3年E組のうた担が歌う「青春サツバツ論」。ノリの良い音楽に合わせて生徒たちがぴょんぴょん跳ねる様が楽しい。ED は moumoon による「Hello, shooting-star
」。OP とは打って変わって穏やかな雰囲気と共にチョーク様の絵が展開してゆくほっとできるナンバーだ。

広告を非表示にする