アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

SHIROBAKO 16話

「SHIROBAKO」の第16話から。

ゴスロリ様爆誕秘話の回。

粗筋

「第三飛行少女隊」原作者、野亀からキャラクタデザインにクレームが。リテイクとなったため、キャラクタに関する工程はすべてストップしてしまう。井口は何度となくキャラクタデザインを修正するが、野亀から具体的な指摘は来ず、駄目出しばかりが募ってゆく。疲弊してゆく井口を目の当たりにした小笠原が木下、渡辺、あおいに対して、井口へのサポートが足りていないと忠告。そして、小笠原は井口、絵麻、あおいを「小笠原のオアシス」に連れてゆく。行き着いた先はバッティングセンター。そこで気分転換を図った後、レストランへ移動する。そのとき小笠原の口から、かつて小笠原がキャラクタデザインをしているときに辛い目に遭い、それがきっかけでゴシック&ロリータファッションに身を包むことになったことを明かす。そして帰社後、小笠原からキャラクタデザインにアドバイスがあり、それを元にして修正したところ野亀からOKが出たのだった。

所感

ゴスロリ様」こと小笠原のナイスフォローが光る回だった。意味のない特徴などない、ということを改めて考えさせてくれた。

それにしてもBパートにかけての井口が疲れてゆく様は見ているこちらが苦しくなるようだった。それだけに最終的にキャラクタデザインを完成させ、決定稿のアリアが動くラストシーンを見たときは思わず目頭が熱くなった。

一方、今回は小さなネタも点在していた。P.A.Works 作品お馴染みのうさぎ跳びが絵麻の「エンゼル体操」に仕込まれていたり、バッティングセンターでの小笠原が超人プレイを披露したり、投球時の絵麻の足の上がり方が凄く高かったり。色々見られて満足した回でもあった。

広告を非表示にする