アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

暗殺教室 4話

暗殺教室」の第4話から。

ちょろいプロアサシン登場の回。

粗筋

3年E組にイリーナ・イェラビッチという女性教師が英語の担当として赴任してきたが、イリーナの本性はプロの殺し屋。殺せんせーを暗殺するために政府に雇われ、やってきたのだ。色仕掛けと入念な仕込みで殺せんせーを狙うが、殺せんせーに見抜かれ、失敗。そして、3年E組では誰もが2つの顔を持ち生活していること、そして生徒を見下さないことを諭され、自分にできる方法で英語教師をすることになったのだった。

所感

いかにプロと言えど、殺せんせーを見くびった時点で勝敗は決していたのかも知れない。流石は殺せんせー、と思わずにはいられなかった。

それにしてもイリーナが態度を柔和にするのが存外早かった。最後にはデフォルメされた顔で生徒たちと言い争っていた。意外と良い奴らしい。本来の殺し屋としての顔も併せて期待だ。

広告を非表示にする