アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

暗殺教室 5話

暗殺教室」の第5話から。

渚が暗殺者らしくなってきた回。

粗筋

  • 3年 E 組の奥田は理科が得意なことを活かして毒薬を作り、殺せんせーに正面切って飲ませようとするが、逆に利用され、殺せんせーを強化してしまう。そして、殺せんせーから、奥田が苦手な国語の力が暗殺には必要だ、と説かれ、納得するのだった。
  • 月に一度の全校集会は、実質的に3年 E 組が他クラスの生徒から冷遇される場。しかし、今回は烏丸やイリーナ、そして殺せんせーがいるため、3年 E 組の生徒たちはそれ程辛い思いをせずに済み、加えて肝っ玉も据わって来たのだった。

所感

B パート後半で、他クラスの生徒に「殺すぞ」と凄まれた渚がにやりと笑顔を浮かべるシーンが印象的だった。

殺そうとしたことなんて、ない癖に。

日常的に「暗殺」の現場に居合わせている渚だからこそ発せるセリフだ。頼もしい。また、それを事前に見抜き、一部始終をただ見守っているだけだった殺せんせーの、生徒への信頼は何とも見上げたもの。尚更殺せんせーが何を考えているかが気になるところだ。

広告を非表示にする