アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

アイカツ! 125話

アイカツ!」の第125話から。

夢について思索を巡らす回。

粗筋

ソレイユが全国ツアーを行うことを発表し、あかりたちもその手伝いをする。その中であかりたちは、いちごたちが「大きな夢」として「ソレイユを続けること」を望んでいることを知る。そして、ツアー初日にスターライト学園でライブを行ったソレイユの3人は全国ツアーへと出発してゆくのだった。

所感

今回は「夢」が軸になっている回だった。さくらの夢然り、ソレイユの夢然り、あかりの夢然り。ライブも「Good morning my dream」で夢についての曲だった。曲中にはこんな歌詞が出てくる。

駆け出して my dream どこまでもキミと走っていたい

今回を踏まえると、この曲は「ソレイユをずっと続けてゆきたい」といういちごたちの夢と重なる。これにはハッとさせられた。

そして夢自体もさることながら、夢の役割についても色々な思いが語られた。その中でもあおいが言っていた

叶うかどうかは分からないけれど、夢があるから頑張れてるんだよね、きっと。

が今回の本質的なところだろう。夢を叶えることも重要だが、夢見る人を突き動かす牽引役としても大きな意味がある、と。あかりは目標としているいちごにスターライトクイーンになることを宣言した。あかりがどんなアイカツを見せてくれるか見ものだ。

次回は年度の最終回恒例となったオフタイム回があかりたちのバージョンで見られるらしい。あかりたちはどんなオフを見せてくれるだろうか。楽しみだ。

なお、今回はソレイユのツアーが始まったり、ライブシーンがソレイユだったり、しまいには ED が初代の「カレンダーガール」のバージョンになっていたり*1、とソレイユを前面に出した回だった。ソレイユファンとしてはとても嬉しく楽しかった。

*1:「声の出演」の表示もいちごたちがトップバッター

広告を非表示にする