アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

暗殺教室 19話

暗殺教室」の第19話から。

久々にビッチ先生の本領が見られる回。

粗筋

渚たち3年E組の生徒は崖を登り敵がいるホテルへ潜入するが、見張りが多く先へ進めない。それを見たイリーナは得意の色仕掛けで見張りの目を引き付け、渚たちを先へ進める。その先は見張りもおらず、難なく進めるかと思いきや、敵の刺客で毒物の使い手、スモッグの麻酔ガス攻撃を受け、烏間の動きが鈍ってしまう。烏間が力を振り絞り放った一撃でスモッグを倒し、残る一同が次に出会った刺客は素手での攻撃に長けたグリップ。そして、グリップが仲間を呼ぼうとするのを見た業はグリップに対戦を申し出るのだった。

所感

断崖絶壁の登攀も難なくこなす3年E組の生徒たち。これには流石の一言しか出なかった。

そして今回はイリーナが暗殺者としての腕前を久々に振るった。見張りが男しかいないことを利用し、色仕掛けで道を開ける。イリーナが非常なる人間であることを再認識した。

なお、今回は不破が推理を披露する場面が出てくる。そこでは同じ作者の「脳噛探偵ネウロ」の宣伝が行われ、

茅野「いやらしいよ!」

渚「ステマが露骨だよ、不破さん! もっとマーケティング倫理に配慮して!」

というツッコミが入る。セリフの持つ遊びのカラーと「暗殺教室」でのメタネタが珍しいのが相まって笑えるシーンであった。

広告を非表示にする