アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

プリパラ 61話

「プリパラ」の第61話から。

アイドルもファンもガッツが資本の回。

粗筋

ある朝、そふぃはひびきから「セレブ・フラッシュ」なる梅干しを口に放り込まれ、クールモードに。そればかりか、1日でプリパラ10連続ライブという前人未踏の記録へ挑戦し始める。いよいよ10回目、という局面でセレブ・フラッシュの効果が切れてしまい、達成は逃したものの、ファンの心を鷲掴みにするのだった。

所感

ライブをひたすらこなすそふぃもさることながら、それに最後までついてきたファンのガッツが凄い。最後にファンへの感謝ライブが行われたときなど、ファンたちの頬はこけ、目の下にはくま、突然のライブ開催への反応遅れ、と疲労困憊の様子だったが、それでもノり始めるのだから天晴である。また、10回目のライブでそふぃが力尽きるシーンでは、3Dのライブシーンから2Dのアニメーションシーンへと滑らかに切り替わる。そのつなげ方とギャップには思わず笑ってしまった。

10連続ライブの途中まではらぁらとみれぃも共にステージに上がっていたが、途中で2人の疲れがピークに達したときにそふぃから頬にキスをされ、キャラクタが変わってしまったのには驚いた。キャラクタに加えて目付きまで変わっており、そふぃの底力の強力さが窺い知れるというものである。

なお、「壁ドン」「顎クイ」を知らないらぁらにレオナがそれらを実演する、というシーンが出てくるが、レオナは照れからか控えめに実行して逃げ出してしまう。男と女のシーンとしては微笑ましさが前面に出ており、プリパラらしい演出が楽しいシーンであった。

広告を非表示にする