読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

わかば*ガール 7話

アニメ

わかば*ガール」の第7話から。

縁日向きの4人の回、

粗筋

萌子たちは若葉の家を訪れ、若葉の姉、柚葉に若葉の門限以降の外出許可を求める。3人の真剣な表情に柚葉はこれを快諾。こうして、若葉は萌子たちと4人で花火大会に行くことができ、縁日や花火を堪能するのだった。

所感

正面からの依頼、という計略めいていない手段をとったところが「わかば*ガール」らしく、好感が持てた。

さて、若葉たちが縁日を回っているときのシーンが興味深かった。萌子は金魚すくい、直は射的、若葉と真魚はくじ引きが得手のようであった。それぞれに得意なものがあるというのは、往々にして縁日では場を大層盛り上げる効果がある。実際若葉たちはいつもの調子で楽しげであった。縁日の遊びが得意な4人が仲良くなったことに運命を感じた回でもあった。

今回は花火大会、ということもあり、4人の浴衣姿が出てきた。若葉は桜の花柄を散りばめた赤を基調とした浴衣、萌子は紅葉柄を散りばめたグラデーションが鮮やかな印象の浴衣、真魚はフリルをそこかしこに配置し、裾がスカート状になっている現代風の浴衣、そして直は劇中で「着流し」と表現されていたような無地の浴衣。やはりそれぞれに個性が出ていて面白い。