読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Go! プリンセスプリキュア 29話

「Go! プリンセスプリキュア」の第29話から。

夢での邂逅の回。

粗筋

ドレスアップキーを奪われ、はるかたちが意気消沈していると、パフがドレスアップキーのにおいを検知し、走り出す。それを知った一同はパフの後をついてゆくが、はるか、みなみ、きららが途中ではぐれてしまう。パフたちを探してはるかたち3人が森の中をさまよっていると、見たことのない場所に辿り着く。そこには3人の女性がおり、ガーデンパーティーをしている様子。はるかたちがそれに参加していると、どこからともなくゼツボーグとディスピアが出現。変身できないはるかたちは女性たちを連れて逃げるが途中で捕まってしまう。それでも諦めないはるかたちの姿を見た3人の女性の手にはドレスアップキーが。はるかたちは戸惑うが、ドレスアップキーを使い事態の収拾を優先させる。ゼツボーグを退け、ディスピアの方を見ると、ディスピアはすっと消えてしまう。はるかたちが3人の女性を見やると、彼女らの姿はプリキュアに。そう、彼女たちは先代のプリンセスプリキュアだったのだ。そして、この空間は幻であり、先のゼツボーグとディスピアは彼女たちの不安とはるかたちの不安が生んだ幻影であることが明かされる。はるかたちは、希望を捨てないことが大切だと気付き、元の世界への帰還を果たすが、その眼前には信じられないものが。それは、大きな、城のゼツボーグだった。

所感

今回、はるかたちが気付いたことは、劇中のはるかのセリフに端的に示されていた。

はるか「何とかしなきゃ……」

みなみ「どうやって?」

はるか「どうやっても……! 変身できなくても、逃げられなくても、何とかしないと。でないと、全部終わっちゃう。私たちの夢も、この人たちの夢も。そんなの駄目。絶対皆で、助かるの!」

状況はどうしようもなくても、それでもせめて気持ちだけは負けないように。それに気付けたのが今回の何よりの成果だろう。それを試すように城のゼツボーグが襲来する。次回予告によると、今回入手したドレスアップキーはまだ変身には使えない様子。大分旗色が悪いように思えるが、気概でどこまで行けるか。はるかたちの動きにはらはらが止まらない。