読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Go! プリンセスプリキュア 38話

「Go! プリンセスプリキュア」の第38話から。

はるかが絶望する回。

粗筋

はるかがある朝花の世話をしていると黒須と名乗る生徒から声をかけられる。黒須ははるかの夢がプリンセスになることだと知っており、しかしそれを馬鹿にはしない。はるかは男子としては珍しいその態度に感動する。翌日、みなみたちはそれぞれ自分の夢に関することで不在の中、はるかは元気のないカナタを励ますため、パフとアロマを連れてプレゼントを買いに出かける。気に入った品をショウウインドウに見つけたはるかはパフとアロマを待たせてその店の中へ。買い物を済ませたはるかが店の外へ出るとパフとアロマの姿がなく、焦っているところに黒須が登場。パフたちを知っていると言う黒須に連れられ、はるかは公園にやって来たがそこで黒須の正体がクローズであることが判明。はるかも変身しての戦いが始まる。はるかは仲間の夢のために単独で戦っていることをクローズに指摘され、はるかの気持ちは揺さぶられる。それでも持ち直して戦っているところにカナタが登場。自分の存在が原因ではるかが傷ついていると判断したカナタははるかにプリンセスにならないよう願う。それを聞いたはるかは色を失い、走り去ってしまうのだった。

所感

プリンセスになろうと思う気持ちの大きな支えであるカナタ。そんなカナタからプリンセスになることを否定されてしまっては、流石のはるかも辛かろう。目のハイライトが消えたはるかの印象が切なかった。

絶望したためか、次回予告でははるかが変身できず、絶望の森が出現することが知らされた。それでもちゃっかりフローラの姿が確認でき、それどころか新たな CG が日の目を見る様子。絶望から復活することで成長する、と言った筋書きだろうが、はるかはいかにしてこの苦境から立ち直るのか。固唾を呑んで見守りたい。