読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

2015年版 アニメソング3選

2015年も沢山のアニメ作品が放映され、同様に沢山のアニメソングが流れた。その中でも著者が聴いて「これはおすすめしたい」と思ったものを集めた。詳細は以下より。

海色(みいろ) / AKINO from bless4 (作詞=minatoku、作曲=WEST GROUND、編曲=WEST GROUND、レーベル=フライングドッグ)

艦隊これくしょん -艦これ-」OP。サビ付近に見られる重厚なバンドサウンドが熱い。それと対比するようにオケ薄、特にブレイクの部分ではストリングスや歪みやクリーンのギターが泣かせる。そこに厚みのあるヴォーカルが乗り、オケとの相乗効果で熱いのにまとまっているという絶妙なバランスがすごい。

ドンドコドアマイガー / 高野二郎 (作詞=吉田ウーロン太、作曲=福田裕彦)

「ドアマイガーD」ED。「ドンドンどこまでドンドコドン いつかいつか ルルルルル」という、語呂が意味を上回っている歌詞と、それに反するようなテノールによる美声、郷愁を誘うような曲調が絶妙なコントラストを生み出している、面白い曲。

HOTELエイリアン / BRADIO (作詞=真行寺貴秋、作曲=BRADIO、編曲=BRADIO)

Peeping Life TV シーズン1 ??」OP。「ティリラ・ティリラーダ」を始めとする「得体の知れない」歌詞を、パワフルなヴォーカルがノリノリで歌う。更にそれを予想のできないコード進行が引き立てる。何だかよく分からないがパワーがある、という、インパクトのある曲。