読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

探偵チームKZ事件ノート 7話

アニメ

「探偵チームKZ事件ノート」の第7話から。

彩の心が揺れる回。

粗筋

和臣から再び収集の声がかかり、彩は和臣の家へ。集まった和臣たちは、彩が不在の間にハンバーグのことを調べており、その結果をまとめてほしいのだと言う。和臣たちによると、砂原ミートに食肉を搬入している男が怪しいことが判明。和臣は彩がまとめたレポートを警察に提出するのだと言う。しかし、その対応に彩は難色を示す。それは、自分たちの調査が元で、経営状態の芳しくない砂原ミートが倒産してしまったら翔が可哀想だ、という思いから。和臣たちから説得されるが、彩は考えを変えず、レポート提出前に翔に事態を告白することで話がまとまる。そして遠くから和臣たちが見守る中、彩は砂原を公園に呼び出すのだった。

所感

自分の居場所としてのチームKZと孤立無援の自分をかばってくれた翔。彩の気持ちは揺れ動く。悩む様子からも彩が悩んでいるのが伝わり、切ない。次回はようやく翔と彩がきちんと話すらしい。果たして翔は善か悪か。まだまだはらはらは続く。

一方、回収された話もある。彩がチームKZの元を飛び出してしまったことだ。何ということはなく、時間が経ち彩が冷静になったタイミングでの収集の報で彩は再び和臣たちの輪の中に入れた。これも和臣の扱いに慣れている貴和たちならではの業だろう。チームKZに戻れることが分かった彩が可愛かった。

そして和典がいきなり男を見せ始めた。それは翔に事前の通告をしたいと彩が言った場面でのこと。

(彩が)砂原に会うときはついて行く。立花と違って俺は砂原を信用してない。何かあったら、お前は俺が守るから。

というセリフを言い放つ。ここまで彩のことを気に掛ける素振りがなかったため、驚いた。何かあるのか。頭の隅にとどめておきたい。