読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Go! プリンセスプリキュア 47話

「Go! プリンセスプリキュア」の第47話から。

はるかの意志の強さが勝る回。

粗筋

カナタからホープキングダムに異変があるとの報が入り、はるかたちがホープキングダムへ赴くと、花の城がいばらから解放されているのに気付く。その中、はるかは自分が気に入っている絵本に出てくるのにそっくりな小鳥が花の城に入ってゆくのを見かけ、それについて行く。すると、花の城の門扉が閉鎖され、はるかはみなみたちと隔離されてしまう。と、次の瞬間、はるかは「花のプリンセス」の格好をしており、現れた王子に連れられ、豪華な食事やパーティーを楽しむ。次にはるかが王子と共に向かったのは花が咲き乱れる丘。その光景に感激したはるかは来訪の記念に花の種をまく。すると、その種は地に落ちるとすぐに芽吹き、花をつける。その様子を見たはるかは違和感に襲われる。そして、この状況が自分の望んだ夢ではないことに気付くと、辺りが崩れてゆき、王子はクローズに変化する。はるかが突然プリンセスになったのは、この空間にはるかを閉じ込めておくためのディスピアの罠だったのだ。それを打破したはるかはプリキュアに変身。クローズと戦う。一時劣勢に立たされるものの、逆転に成功。クローズを退けると、フローラのドレスアップキーが光り始め、それを見たフローラは4つのキーを使い、花の城を解放する。するとホープキングダムに元の輝きが戻り、あとは人民を取り戻すだけ、となる。するとどこからともなくディスピアの声が。なんと、フローラたちが奮闘している隙に、ディスピアはノーブル学園の上空にその姿を移していたのだった。

所感

望みが叶ったようなまやかしを使って主人公たちを足止めする、という王道の展開も、自分の力でプリンセスになる、という確固たる意志を持ったはるかの前では形無し。とは言え、このまやかしはディスピアの力で生み出されたもの。普通はそう簡単に打ち破ることができないだろうことが想定できる。47話分プリンセスになりたい、という気持ちを持ち続け、鍛錬を重ねてきた胆力のなせる業だろう。流石ははるか。

一方ディスピアの魔の手がはるかたちの世界へ伸びようとしており、遂にディスピアとの直接対決が見られそうだ。どんな展開になるだろう。楽しみだ。