アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

WWW.WORKING!! 1話

「WWW.WORKING!!」の第1話より。

接客はちゃんとしている初回。

粗筋

高校生の東田大輔は、父親の転職を機にファミリーレストラン「ワグナリア」でアルバイトを始める。店長の榊研一郎、フロアスタッフの宮越華、村主さゆり、近藤妃、鎌倉志保、進藤ユータ、キッチンスタッフの足立正広、河野拓哉らと共に、来店した親の接客をしたり、華の作ったチョコレートを食べて卒倒したりしながら、ワグナリアでの大輔の生活は始まったのだった。

所感

「WORKING!」シリーズの新作アニメーション作品の初回。監督や制作会社、一部声優、舞台となるファミリーレストランの名称など同じ部分はあるものの、キャラクターデザイン、劇伴、キャラクタなど基本的には異なる世界の話のようだ。

異なる世界とは言っても、キャラクタに一癖あるところは同じだ。店長に暴力で訴える華、「見えない客」をもてなすさゆり、怠け癖のある妃、問題を札束で解決しようとする志保、貧乏ホストのユータ。特に今回は華が面白かった。それは、作中の時節がバレンタインデーにあたったため、華の作ったチョコレートを大輔が食べたシーン。見た目は普通のチョコレートなのに、それを食べた大輔が卒倒し、聖バレンチヌスの姿を見てしまうのだ。この場面は、卒倒した直後に 3DCG による連なったシャンデリアが登場する、というシーンを皮切りに始まるのだが、そのシャンデリアから大輔が非日常の世界にトリップしてしまったことが瞬時に感じられ、大変に可笑しかった。一体何の食材を使ったらあんなことになるのか。華、何とも恐ろしい娘である。

広告を非表示にする