読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

アイカツスターズ! 32話

アニメ

アイカツスターズ!」の第32話から。

ゆめ再起の回。

粗筋

秋フェスを横目にゆめが一人で黙々とトレーニングを続けていると、ゆずとあこからユニット「ゆずこしょう」のメンバーに勧誘される。ゆめは乗り気でないものの、ゆずとあこに押し切られる形でユニットに加入。秋フェスに向け、練習に励む。その休憩中、落ち込むゆめはあこにその理由を問い詰められ、ファンや友人がいなくなってしまうことが不安だという胸中を吐露。それを聞いたあこたちはゆめを励まし、ゆめは立ち直る。そしてゆずこしょうの一員としてパフォーマンスし、見事秋フェスの総合2位に輝くのだった。

所感

ゆめが孤独と戦っていることがいじらしかった。第30話でライブを中断させてしまった経験がトラウマとなっており、そこに小春とローラという親友が不在であることが重なって不安を発生させていたらしい。十代前半という成長半ばの年齢で孤独と戦う、その心中は察するに余りある。しかし、今回ゆめはあこたちの力を借りて、ファンという心の支えは確かに存在しているのだ、と確信に至ることができた。アイドル、という職業柄、自分の気分といかに付き合うか、は必須のスキルだろう。それが得られたのが大きい。実際、ゆめはステージでも堂々とパフォーマンスしており、今回の件に関しては大きな心配はいらなそうだ。挫折しつつも一歩一歩前へ進む様子が印象的な回であった。

一方ではゆめたちを押さえ、秋フェスのトップを飾ったユニット「幹部ーズ」が面白かった。そのネーミングのストレートさもさることながら、決めポーズの何とも言えない滑稽さと、それにも関わらず一位を取ってしまう実力とのアンバランスさが可笑しくてたまらない。今回ライブシーンは割愛されていたが、機会があれば是非とも見てみたいものだ。そんな存在感ありまくりの「幹部ーズ」。またの登場を願ってやまない。