読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

フリップフラッパーズ 10話

「フリップフラッパーズ」の第10話から。

ココナが何かに目覚める回。

粗筋

ココナはパピカの口から発せられた「ミミ」という人物についてパピカに尋ねるが、パピカは言葉を濁す。それに腹を据えかねたココナはその場を後にし、ピュアイリュージョンでの戦闘で大けがを負ったヤヤカの元を訪れる。包帯だらけながらぴんぴんしているヤヤカと話していると、トトとユユたちのフリップフラップ襲撃に巻き込まれ、ユユからあることを聞かされる。それは、ココナの中にアモルファスがあること、そしてヤヤカがそのアモルファスを監視するためにココナに近付いたこと。ヤヤカを友人だと思っていたココナがショックを受けていると、パピカが登場。ココナを助け出す。しかし、相変わらず「ミミ」については明言を避けるパピカにしびれを切らしたココナは単独でフリップフラップを脱出し、自宅に戻る。そこには敵兵と祖母の姿があり、祖母も敵であったことが判明。すると、ココナは突如発光。家もろとも敵を蹴散らしてしまうのだった。

所感

ココナの心情を察するに余りある回であった。一度は心を許した友人、パピカは自分を「ミミ」の代替と考えていることが疑われ、親友のヤヤカは実は自分のアモルファスが目的。とどめとばかりに祖母まで敵、しかもロボットだったとあっては、もはや何を信じて良いのか分からなくなる。世界が信じられなくなったことによる絶望感は、ラストシーンでココナが見せた虚ろ気な表情からも窺え、心苦しい。

そんな状況のココナに変化が訪れる。ここ数話でココナを悩ませ続けてきた「ミミ」がココナに取り付いた――正確には表出した、だろうか――のである。今回「ミミ」については多くの事柄が明かされたが、ココナの母親だった、というのはその中でもココナに対しての影響が大きそうだ。ココナが夢に見、パピカのパートナーにして謎多き人物が実母。しかも、ピュアイリュージョンに行ける能力者とあっては、ココナにも何かしらの力が秘められていてもおかしくはない。自分や世界を翻弄する能力が自分のにもあると分かったら、ココナの絶望は深くなるだろう。能力があるとすれば、今回、窮地に立たされたココナの元にアモルファスが引き寄せられたり、ラストシーンでココナの体が浮いていたりしたのもココナの力なのだろうか。「ミミ」について分かって来たと思ったら、今度はココナが謎の存在になってきた。あと数回でどんなまとめ方をするのか。今から楽しみである。