アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

のうりん 2話

「のうりん」の第2話から。

普通の転校生はドン引きしていたであろう回。

粗筋

林檎の世話係を頼まれた耕作たち。校舎の中を案内し、歓迎会を開く。その甲斐あってか、林檎も少し打ち解けた様子。翌朝、林檎が洗濯する場に出くわした耕作は、林檎の下着に興奮し始めるが、継から下着とは何かという哲学を叩きこまれ、林檎からは蔑んだ目で見られるのだった。

所感

林檎が耕作たちの仲間として迎えられた回だった。

B パートでは「パンツとは何か」という話が中心に据えられ話が進む。ここではパロディが沢山使われており、面白い。例えば、耕作が林檎のパンツだと思い込み、匂いを嗅いだ直後の継のセリフ

いつからそれが木下のパンツだと思っていた?

(「BLEACH」のパロディ)

や、それが実は継のパンツだと分かったときの耕作の絶叫

よくも僕をだましたなあ! よくも今まで、ずっと今まで、よくもよくも僕を、だましたアアア! だましてくれたなアアア!

(「ヒストリエ」のパロディ)

などである。わざわざ漫画調にしてまで行われるパロディに笑いが絶えなかった。