アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

境界の彼方 8話

「境界の彼方」の第8話から。

「不愉快です」二段用法の回。

粗筋

凪。それは妖夢の力が弱まる時間。その影響か、秋人が調子を崩す。彩華のもとで未来が看病するが意識が戻らない。その最中、弥勒が訪ねてくる。要求は秋人の引き渡し。そのことで彩華と弥勒が戦っていると、秋人の様子が変わる。

所感

特殊な時間「凪」と強力な妖夢「境界の彼方」の存在が明らかになり、今まで動きが水面下だった弥勒や泉が目立ってきた。特に泉は過去に未来を伊波家から救った経緯があるだけに何が目的か知れない。

また今回は未来が秋人に良い感情を持っていることを自覚する回でもあった。呪われた血の持ち主と知った上で普通の人として接してくれる。複雑な過去を持つだけに、それがいかに嬉しかったであろうことは想像に難くない。その秋人がピンチだ。未来はどう動くか。

広告を非表示にする