アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

ユリ熊嵐 1話

ユリ熊嵐」の第1話から。

初回。

粗筋

熊が人間を襲うようになった世界で、嵐が丘学園の椿輝紅羽(つばきくれは)は同じ学園の泉乃純花(いずみのすみか)と相思相愛の仲。ある日、百合城銀子と百合ヶ咲るるが学園に転入してくる。実は2人の正体は熊。人間に化けて人間を食べようと目論んでいる。翌日、純花が突然姿を消す。純花を探す紅羽。その途中で何者かによる電話を受け、屋上へ行ってみるとそこには純花の眼鏡、そして熊の姿が。紅花は熊に襲われ、気絶してしまう。目を覚ました紅羽は自分が一人で屋上に倒れていたことをクラスメートの百合園蜜子から聞く。その日の夕方、蜜子はひょんなことから銀子とるるの正体に気付いてしまうのだった。

所感

本編にも OP や ED にも題名通り女性同士の恋愛、所謂「百合」が前面に出されている。そして、作品の世界は人間が熊に襲われ、防壁を築いて生活しているという「進撃の巨人」のようなディストピア。そこに同じ監督の「輪るピングドラム」のようなコンセプチュアルなテイストが加わり独特の雰囲気となっている。まだ何も分からない。次回からの展開を待つ。

広告を非表示にする