アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

食戟のソーマ 2話

食戟のソーマ」の第2話から。

食の女王が意外とちょろかった回。

粗筋

創真は遠月茶寮料理學園の編入試験に挑む。試験官は學園の最高意志決定機関、遠月十傑評議会の一員、薙切えりな。卵を使った料理を作りえりなに認められれば入学、という試験内容に対し、創真は「ゆきひら」のふりかけご飯で挑み、えりなの表情を緩めるも、試験に通過することはできないのだった。

所感

試験に落ちるという結果ながら、幕引きは何やら貫禄ある老人がふりかけご飯を食べて笑い、「不合格」の印が押された創真の書類を握り潰すシーン。これは逆転がありそうで期待できる。

えりなはつんつん高飛車という絵に描いたようなお嬢様キャラクタ。それだけに、隙を突かれてから陥落するのが早く、その早さと美味さの表現には前回同様笑ってしまった。

広告を非表示にする