読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

アイカツ! 149話

アイカツ!」の第149話から。

甘くて辛くて刺激的なユニット誕生の回。

粗筋

珠璃、まどか、凛はユニットを組んで大スターライト学園祭に出場することに。ユニットの名称とカラーを決めるためにユニットドレスを作ろうとするが、めぼしいデザイナーは捕まらない。その中、珠璃は Sangria Rosa のトップデザイナー、エンシエロ篤から弟子のデザイナー、ムレータ淳朗を紹介される。早速珠璃たちは淳朗に会いに行き、淳朗にドレスの制作を依頼。個性がバラバラな3人のイメージをまとめるのに苦闘しつつも、淳朗はユニットドレスを完成させる。その出来栄えに珠璃たちは感動し、ユニット名を「バニラチリペッパー」に決定。早速ユニットドレスを身にまとい、大スターライト学園祭に出場し、会場を大いに沸かせるのだった。

所感

ユニット名のヒントとなった料理が序盤に出てきているのにもかかわらず、本人たちがそれに気付いていなかった、という演出が面白い。同じ料理は淳朗が珠璃たちのイメージを語る食事のシーンでも供され、今回のキーアイテムとなっている。「バニラ」「チリ」「ペッパー」、と味覚を刺激する単語が並んだユニット名だけに、3人の個性がミックスされた様子が想像しやすい。

そして、ユニットドレスの制作過程が面白かった。誰も答えが分からないイメージを、自分を選んでくれたという信頼を頼りに形にしてゆく。淳朗が悩みに悩んでドレスを作りあげてゆく様子は感動的ですらあった。出来上がったドレスの、セクシーさと上品さを備えつつも各人のカラーにマッチする、という絶妙なバランスには驚かされた。

次回予告ではユリカとかえでが大スターライト学園祭に出場することを話していた。出場条件が3人ユニット、そして次回の副題が「星の絆」となれば、トライスターが想起されるが、予告映像では美月は登場しなかった。どういう話になるのだろうか。楽しみだ。

今回のスペイン語

ムーチョグスト(Mucho gusto.)

初めまして。

バモス!(¡Vamos!)

レッツゴー!

広告を非表示にする