読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Go! プリンセスプリキュア 26話

アニメ

「Go! プリンセスプリキュア」の第26話から。

アロマとパフに意外な力が宿っていた回、

粗筋

夏休みに入った寮でトワが熱を出してしまう。折悪くはるかたちは皆帰省しており不在。そこでアロマとパフが看病をしていると、寮の庭にシャットとゼツボーグが出現。トワを休ませるため、パフがその対処に乗り出す。苦戦しつつも、トワを守りたい一心でゼツボーグに食らいついていると、アロマとパフの体が光り始め、ドレスアップ。その光を浴びたトワは体調が戻り、アロマからの一報を聞いてはるかたちも駆けつけ、共闘。ゼツボーグを退けることに成功するのだった。

所感

まさかアロマとパフにヒーリング効果があるとは思わず、驚いた。戦う中では癒しの力が必要になるときもあるだろう。そんなときにはアロマとパフが一役買うかも知れない、と可能性を感じた回だった。

今回はゼツボーグがコミカルだった。寮に誰もおらず、困ったシャットが絶望の源として選んだのはなんと蝉。ゼツボーグもそれに呼応した大きさ。最終的には脱皮を繰り返し、大きく強敵になるものの、初期のビジュアルの小ささとただ単に飛ぶだけ、という攻撃方法にくすりとさせられた。それにしても誰もいないからと蝉をチョイスしてしまうあたり、シャットもかなり窮してきていることが窺え、敵ながら幸あれと思ってしまった。

今回から OP と ED に変更があった。OP は映像と歌詞。前回まで1番が流れていたのが2番になり、映像にはトワが加わるようになった。ED は曲とそれに伴って映像も一新された。歌詞に「フローラ!」とありその直後にフローラが朗々と歌い始める。他の3人の番もあるのだろうか。楽しみだ。なお、OP や ED と同様に提供の背景も変更され、トワのいる構図になった。そろそろ話数も折り返し。4人の活躍に期待させられる変更である。