読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Go! プリンセスプリキュア 33話

アニメ

「Go! プリンセスプリキュア」の第33話から。

シャットが元気づけられる回。

粗筋

今日のプリンセスレッスンのお題はメイク。みなみ、きらら、トワが上手にこなしてゆく中、はるかは一人要領がつかめず、寮に戻って研究を続けた後、ミス・シャムールにアドバイスしてもらおうとするが、ミス・シャムールは街にお出かけ中。はるかたちがミス・シャムールを見付け、その後を追うと公園に辿り着く。ミス・シャムールはそこで猫の集会に参加し、ロックの元の姿、クロロを猫たちに紹介しており、いきなり始まった猫同士の喧嘩を仲裁。その方法はミス・シャムールらしくおしゃれ対決で、はるかたちもそれの手伝いを始める。すると、そこにシャットが現れ、猫たちの夢を絶望の檻に閉じ込めてしまう。はるかたちが変身し、ゼツボーグの対処をしている間、シャットは残ったゆいたちに魔の手を伸ばそうとするが、アイメイクが半端なことをミス・シャムールに指摘され、そのままミス・シャムールによるメイクのレッスンが開始。そうこうしている内にゼツボーグは倒され、シャットは満足げに消える。最初は世界におっかなびっくりだったクロロも、プリンセスプリキュアの戦いやミス・シャムールのレッスンを通じ、楽しく過ごすことを夢に掲げるようになるのだった。

所感

ロックやクローズに良いところをことごとく取られっ放しのシャットは、今までの経緯が経緯だけにストレスが溜まっていたらしく、アイメイクの乱れを指摘されたことをきっかけに、ミス・シャムールへ悩み相談までしてしまう。当初から美しさに執着のあるシャットが、綺麗な身のこなしのミス・シャムールに目を奪われ、手ほどきを受けるというのは、心情としては納得できる流れ。去った後もご機嫌の様子だったから、シャットの心も晴れた様子。敵でも寛容に優雅に振る舞う、というミス・シャムールの哲学に関心し通しの回だった。

そんなミス・シャムールが言う、願いを叶えるレッスンは以下の3項目。

レッスン1。美味しいものを食べること。まずはしっかり食べるのが、元気にもハッピーにもなる近道よン。

レッスン2。心を強く持って、前向きに Go よ!

レッスン3。今を大事にしながらよく遊び、よく学ぶ。そうすればきっと夢につながるわ。

大人でも見習えそうなラインナップだ。落ち込んだり自信をなくしたりしたときに思い出したい。