読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

Go! プリンセスプリキュア 42話

アニメ

「Go! プリンセスプリキュア」の第42話から。

きららが決断する回。

粗筋

世界的に注目されるファッションショー「ジャパンコレクション」への出場が決定したきららは、仕事に、プリキュアに大忙し。そして今年のジャパンコレクションの開催地、ニューヨークへ向けて出発する日を迎えたきららがはるかたちと空港へ向かっているとストップとフリーズが出現。きららのアシスタント、明星かりんの夢を絶望の檻に閉じ込めてしまう。かりんの夢が自分のようなモデルになることだと知ったきららは、ジャパンコレクションに向かう飛行機の出発時刻が迫る中、かりんの夢を守るためプリキュアに変身。苦戦しつつもゼツボーグを退けることに成功する。しかし、その代償は大きく、飛行機を逃したためにジャパンコレクションへの出場はできなくなり、そのことが他の仕事にまで影響を及ぼす。自分で選択したことだから、と気丈に振る舞うきららは、冬空を見上げるのだった。

所感

トップモデルへの第一歩でであるジャパンコレクションとかりんの夢を守ることを天秤にかけた結果、きららは後者を選択した。端的に表現すれば、自分の夢とかりんの夢のどちらを取るか、という難題。それに対してスパッと答えを出すことは中々できまい。モデルを志したきっかけがステラだった自分自身をかりんに投影し、だからこそその夢を守ることを優先させたきららの決断力には恐れ入る。

その一方で影響は大きいようだ。仕事の有無だけではない。次回予告ではきららがモデルを辞めると言っている。中途半端を嫌ってのことらしい。とてもきらららしい発想だが、きららの夢を間近に見てきたはるかたちは苦しかろう。そこではるかが何か策を講じる、というのが主な動きらしいが、自分で決断した進路をきららに変えさせるのは容易ではないように思われる。はるかが何をするのか、期待したい。