読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

蒼の彼方のフォーリズム 8話

アニメ

「蒼の彼方のフォーリズム」の第8話から。

明日香墜つる回。

粗筋

突然の退部に動揺を隠せない明日香たちはみさきにその理由を迫るが、みさきはそれをのらりくらりとかわし続け、中々捕まえることができない。ようやく明日香がみさきから事情を聴くことに成功するものの、その内容はフライングサーカスが楽しくなくなったから退部したというもの。その晩、晶也はみさきにばったり遭遇。成り行きでみさきに、晶也自身がかつてフライングサーカスの名プレイヤーであったこと、世界の舞台に立った頃にフライングサーカスに恐怖を感じ始め、何気ないことをきっかけにフライングサーカスをやめたことを話す。

翌日、みさきのことで持ち切りのフライングサーカス部にヘリコプターの音が聞こえてくる。久奈浜学院の方に飛んで行くのに驚いた晶也たちがヘリコプターを追うとそこには沙希と沙希のパートナーのイリーナ・アヴァロン、そしてフライングサーカス部顧問の各務葵の姿が。イリーナたちがヘリコプターで各務の元を訪ねてきたのだ。その目的は沙希との練習試合の申し込み。各務はこの申し出を断ろうとするが明日香のたっての希望で明日香と沙希がフライングサーカスの試合を行うことに。浜辺に移動した明日香たちは試合を開始。沙希は地区予選で一成を追い込んだ作戦で明日香を追いつめる。明日香も必死になってこれに対抗するが試合中に海に転落し敗北を喫してしまう。試合後、明日香は力なく笑うものの、間もなく嗚咽を上げ始めるのだった。

所感

真白が自分の意志で部に残ったことが印象的だった。強い想いが宿ったものである。感慨深い。

一方、明日香の精神状態が心配だ。これまでは純粋にフライングサーカスを楽しんでいただけに、初めての「追い詰められた」経験はかなりのインパクトがあったことだろう。ラストシーンでの涙声からは苦しさが感じられた。明日香はまだ飛ぶことができるだろうか。ハラハラする。