アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

アイカツ! 57話

アイカツ!」の第57話から。

輝く蘭の回。

粗筋

おとめがゆるキャラのストラップをつけていたことからゆるキャラの話題に。そこに蘭が登場し、あおいが話を振るが、蘭のイメージに合わない、との意見がおとめたちから出、蘭は話に入れない。そんな蘭にスパイシーアゲハの星座ドレスができたという知らせが。更に、蘭はドレス披露の場としてランウェイに立ち、星座アピールを出すことになる。一方、いちごとあおいは、ひょんなことから蘭がゆるキャラ「えびぽん」のファンであることを知る。やはり蘭のキャラクタではないからと、このことを秘密にしようとするも、そのタイミングで蘭にえびぽんのビッグサイズぬいぐるみが配送される。しかも時悪く蘭はインタビューを受けている最中。「このままでは蘭がえびぽんのファンであることが世間に知られてしまう!」と、いちごとあおいは配達員を止めようとするが、間に合わず、記者によって蘭がぬいぐるみを抱えているところがしっかり写真に収められてしまう。いちごとあおいの心配をよそに、世間に対しては悪い印象とはならず、蘭のファッションショーも星座アピールをきっちり出して大成功。それどころか、蘭はえびぽんを PR するモデルとして抜擢され、満面の笑みを浮かべるのだった。

所感

蘭も悩みを持つ一人の少女であることが分かった。えびぽんとの出会いが、いちごの渡米、ドリームアカデミーの台頭という要素が重なって疲れ気味だった蘭の支えとなったというところから始まり、星座アピールを出さねばならない、というプレッシャーから悪夢を見るシーンも出てくる。それでも、しっかり輝き続けているのには頭が下がる。前回のセイラの一件もあってか世間も良い印象だったようなのが何よりだ。ギャップ持ちのアイドルとして人気が出るのを祈る。

それにしても、冒頭で蘭とゆるキャラについてユリカが「イメージ壊れちゃう」と言っているが、自身のにんにくラーメンを棚に上げていることにくすりとさせられた。しかし、ユリカは蘭がゆるキャラ好きであることが報道されたときも、「ふん、やるわね」と一番冷静な反応をしていた。少なからず自分のことも頭をよぎっていたのではあるまいか。そんな気がする。

広告を非表示にする