アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

プリパラ 52話

「プリパラ」の第52話から。

トリコのネガティブ思考に舌を巻く回。

粗筋

ふわりをイメージしたブランド「Coco Flower」が完成し、ふわりはお披露目ライブを行うのだった。

所感

満を持してのふわりの初ライブで使用された曲は「コノウタトマレイヒ」。牧歌的な曲調と「ふわふわ」という合いの手が特徴的。何だか楽しくなってくる一曲だ。

今回はトリコのネガティブ具合が面白かった。その様子は幾か所でも見ることが出来たが、ブランドが立ち上げられ、曲も完成したことを喜んだ直後、

幸せの後にはきっと不吉な! 13日の金曜日と仏滅とハルマゲドンが、詰め合わせで来るトリ!

と怯えるシーンが印象的だった。それでも何とかライブにエントリーし、マネージャーとして第一歩を踏み出した。ふわりと同様、トリコの頑張りにも期待したい。

なお、次回はプリパラが法律で禁止されるらしい。これは校則の比ではない。何が起きるのか。気になるところである。

今回から OP と ED が変更された。OP は基本的には同じながら、シルエットで隠されていたキャラクタがふわり、ファルル、ひびきになったのだ。ファルルは1年目の放送分でどこかへ行ってしまったはずだが、いかにして出てくるのだろうか。今から気になるところだ。ED は SUPER☆GiRLS の「胸キュンLove Song」。ビジュアル面では、ワンピースに水着、着物と、雑誌のピンナップのように様々な衣装に身を包んだ「プリパラ」のキャラクタたちを見ることができ、「プリパラ」ファンには嬉しい演出となっている。

広告を非表示にする