アニメと音楽のメモ帳

アニメと音楽についてまとまりない文章を。

探検ドリランド -1000年の真宝- 40話

「探検ドリランド -1000年の真宝-」の第40話から。

鋼の代わりにロボ的なものが見つかった回。

粗筋

天地鳴動の鋼を求めてラセン山を登ったハガンたち。しかし、そこに天地鳴動の鋼はなく代わりにハンターカードが舞い降り、魔神騎ヴァンデルが現れ、ベリンダの名を呼びながらハガンたちを襲い始めた。フェイリンが創造の力を使い、ヴァンデルを倒すことに成功。しかし、肝心の天地鳴動の鋼は手に入らない。そこにリンコが登場。自分のドリルを差し出す。なんとリンコのドリルは天地鳴動の鋼でできていたのだ。更に、ポータブルタイプの炉を持参していたスズメの協力もあり、ハガンのドリルを修復する作業が始まった。すると突如紫色の光が。そしてその中から姿を現したのはディグラスだった。

所感

ラセン山に登ったまでは良かったが、天地鳴動の鋼はなくなっているわ、ヴァンデルに襲われるわ、で良いところなしだったハガンたち。しかも次回はディグラス登場でキバマルがどうにかなるらしい。低迷の続くハガン陣営。きっとドリルが直ってくれれば、と期待して今は忍ぶとしよう。

ハガンたちの奮闘の陰でドリ天界とドリ魔界が手を組みかけて決裂したり、ドリ天界ではレナスの命で三大素の女神が拘束されたり、とどうにもきな臭い様子。ベリンダを巡る争いに終幕が見えない。